Amazon年1度の最大限定セール中→

歌が上手くなる方法!カラオケ上達のコツと練習方法,発声の基本をプロが解説!

友人や恋人、また職場の同士との付き合いで歌わないといけない事は沢山あります。カラオケや催し事で歌が上手かったり、場を盛り上げることができればそれだけで、相手があなたを見る目を変えることだって少なくはありません。でもどうすればプロのように上手くできるのか、中々コツを掴むのは難しいです。大多数の人はそこで難しく考えすぎなのです。音程がどうだとかミックスボイスがどうだとか…それも翌々は大切ですが、まずそこではありません。大切なのは地声のフォームなのです。では歌が上手いとされている人たちはどのようにして歌っているのでしょうか?

実は歌を上手く歌う事はそれほど難しくはありません(プロとしては別ですが)基本的には声真似が上手い人程歌が上手くなる速度が速いです。一般的なカラオケで上手く歌うことは、下の解説をよく見て真似れば一週間できます。コツとしては地声の完成度を上げればよいのです。つまり貴方がいつも歌っている普通の声の完成度の事です。この時に最も肝心なのが咽頭という喉の部位の位置です。あくびをする時の口の形があります。その時に喉の奥が下がっているのは誰でも容易に感じることができます。歌っている時にその喉の形を維持することが上達への第一歩です。細かいことは抜きにして、オペラっぽくなるはずなのでアクビの喉の形のまま歌ってみて下さい。またそれを維持しながら地声っぽく聴こえるように発声して下さい。早い人では一週間くらい練習するだけで劇的な変化が起きるはずです。それが上達への第一歩です。

歌の基本

歌を上手く歌うには聴こえるサウンドと自らの発声を上手く一体化させる必要があります。オケの音に上手くノるにはリズムとハーモニーを捉える必要があります。また発声を正しく行うには、咽頭の位置、鼻腔共鳴、適切な腹式呼吸、正しい発音が必要になってきます。どれが欠けても上手く聴こえず、プロで上手いとされるシンガーはこれらが的確にできています。しかしながらカラオケや催し事で上手く歌う程度なら、咽頭とハーモニー(音程)だけ練習しておけば劇的に上手いとされる部類に入る事ができます。

それらの上達への一番の近道は自分のベストの声を早く探し当てることです。日々アイフォンやボイスレコーダーを持ち歩き録音して、カラオケや鼻歌で上手く歌えた時の感覚を繰り返し聞きながら、自分のものにして下さい。ここでは上手く自分の声を探し当て、覚えるための手助けになるプロの基本を解説していきます。またカラオケレベルで上手くなりたい場合も大いに役立つスキルになるはずです。

Voice Lesson: Finding YOUR Voice

発声の仕組みを理解しよう

・咽頭の位置

まずこの咽頭を下げて歌うという事が出来ていない人がほとんどです。これをクリアしない限りは絶対に歌が上手くなることはありません。咽頭が下がっている状態とは、あくびをしている時の喉の形です。また卵を口に入れた時の口内の形をイメージして下さい。難しければ実際に入れてみても良いでしょう。口がホの形になり喉の付け根の部分が少し下がります。歌のすべての発音でこの位置をキープする事が重要です。

初心者の場合、発声時に咽頭が上がっているのか下がっているのかを判断することが難しいです。咽頭を的確な位置で発声できるようになるまでは何年もかかります。と言うのもミックスボイスやヘッドボイスでの咽頭の位置のキープはプロでも結構難易度が高いです。ですがチェストボイスは比較的簡単で、カラオケレベルや上手くなりたいレベルであれば、一週間もあれば早い人はコツが掴めるはずです。プロを目指すレベルなら上手いボイストレーナーのもとに毎週通っても数年かかるので、気長にトレーニングしていきましょう。

How to Release Tension from Your Throat | Singing Lessons
How To Sing Like Bon Jovi – Pharyngeal Voice Explained

・鼻腔共鳴

鼻腔共鳴は歌を歌う上では必要不可欠です。下の動画を参考にしながら上あごより上に響かせるという事を意識して下さい。この時に一番気を付けないといけない事が、練習では鼻腔共鳴を体感するために鼻にかけて発声するのですが、歌う時は鼻にかからないように鼻腔に声を響かせないといけません。これがかなり難しいです。日本人の場合は骨格上アメリカ人よりも鼻腔が小さく、慣れるまでは上顎より上に響きにくいです。また鼻にかかる癖が付きやすく悪影響なので注意しないといけません。鼻にかかった声をネイザルと言い、セリーヌディオンが鼻にかかったようなアドリブで使っているような声です。

鼻にかからないように、おでこの位置を目掛けて発声して下さい。そうすると前の瞳孔(こめかみ)辺りの頭蓋骨に声が響くようになります。その状態になったら下の鼻腔が共鳴するので、これが鼻腔共鳴です。
いかに鼻にかからないように発声するかは感覚を掴んでいくしかないです。上達すればするほど綺麗な日本語の発音で聞こえます。上手いプロの声優やアナウンサーなどもこの類のことを的確にこなしています。下の動画などをみて体で覚えましょう。

Voice Lessons – Singing Success Voice Lesson Part 3 – Connecting The Voice

・腹式呼吸、胸式呼吸

腹式呼吸のフォームを体感することは簡単でベットに寝そべって呼吸するとおなかが膨らみます。これが腹式呼吸です。これを直立姿勢のフォームでできるように練習していきます。

速い声で発声が間に合わない時は肺を膨らませる胸式呼吸を使うこともあります。普通の呼吸を少し多めにするようなイメージです。これらの呼吸法は咽頭や鼻腔共鳴に比べると、習得はそこまで難しくないです。無意識にできるようになるまでは時間がかかるので、おなかに手を当てて発声すると良いです。

慣れてきて腹式呼吸のレベルを更に上げるには、背筋を意識します。少し背中を丸めて背筋に空気を入れて膨らませます。みぞおちから斜め後ろに空気を吸い込むイメージを持ってください。おなかの裏側が少し下に下がって伸びるような感覚です。背中側の意識や背筋のコントロールができるようになってくると、かなり安定します。

How To Sing – Fastest Way To Learn How To Sing Part 1 – Breathing

・正しい発音

これに関しては「あえいうえおあお」とワ行まで全文字発音していくと良いです。歌唱中の発音を良くするコツとしては広角を上げて口を横に開きながら口だけ笑っているような形をイメージして発声する事です。良くビヨンセなどのゴスペルがルーツのシンガーは口を横に開きながら、笑っているような顔で歌っています。口を横に大きく開いて発声すると発音が明確になり、声量も増えるのでチェストボイスやミックスボイスのクオリティも上がります。声優で歌が上手い人が多いのはこのような正しい発音,発声と腹式呼吸を基礎として学んでいるからです。

日本語なので発音は声優やアナウンサーの発音の動画を見て参考にして下さい。

アナウンサー式 発音練習「あいうえお」

オケの音を的確にとらえる方法

・リズムへのアプローチ

まず、裏拍を的確にとらえられるよう訓練することが大切です。下の動画で、アメリカ人のボイスレッスンで生徒が腰を左右に振っています。ゴスペルの人たちがステージで踊っている時も腰を左右に振っています。これは腰でリズムを感じ取っているのです。発声のタイミングでリズムに乗れていると、グルーヴ感を声で表現できるわけです。

ちょっと言葉では説明するのが難しいのですが、上達すると腰でリズムを感じられるようになり、歌にグルーヴ感を出せるようになります。

日本人はアジアで最も歌が下手とされています。その理由の一つに言語の発音の問題もありますが、言語の発声リズムが表拍にしかないのです。歌で例えると数百年前にできた「さくらさくら」などの古典日本音楽が良い例です。ほとんどが表拍しかないのです。ここでは童謡の「かえるのうた」に例えて解説していきます。

まず手拍子をしながら、カエルのうたが….と歌ってみて下さい。その手拍子の部分が表拍です。四分音符の部分です。


次に手拍子手拍子手拍子手拍子手拍子手拍子手拍子

と歌うとその手拍子の部分が裏拍になります。更に手拍子は表拍の四拍子(最初の)で裏拍でかえるのうたを発音して下さい。

このような表拍裏拍が歌をリズム感良く歌う上で必要不可欠な技術になってきます。下の動画のように腰を左右に揺らしてリズムをとります。二泊目と四泊目で腰がサイドで止まるようにし、そこで指先をスナップさせてみましょう。またメトロノームを使ってこのゴスペルのリズムのとりかたを練習すると上達が早いです。最終的には歌っている最中にリズムのグルーヴ感を腰で感じれるようになります。日本人の場合はかなりの練習が必要ですが、今は海外の良い練習動画が多いので参考にしてみてください。

Voice Lesson Vlog: R&B Vocals

 

・ハーモニーを意識する

これは歌唱力と言ったニュアンスに近いのかもしれません。とにかく日本語は語尾の母音の処理と発声を意識しましょう。
日本語の場合母音と子音があります。aiueoこの五つの母音を上手く発音できるかどうかが鍵になってきます。
例えばKa Ki Ku Ke Koを発音を二分音符以上のロングトーンで出す場合にKからaに行く変化を素早く行います。~~~みたいな感じで素早く後ろの母音のあいうえおに切り替えます。これが肝です。あとは言葉のフレーズ事の発音終わりで、腹式呼吸の強さを変えたり、少しファルセット寄りに発声することで、言葉のニュアンスを変化させます。この言葉終わりの処理は上手い下手が分かれる部分です。非常に重要です。母音の処理と言葉終わりの緩急の付け方を、上手い歌手の真似をしながら自分のものにして下さい。小田和正さんや玉置浩二さんを聞くと良いですよ。

玉置浩二 『アルバム「OFFER MUSIC BOX」』

高い声の習得と声区の認識

・チェストボイス・ミックスボイス(ミドルボイス)・ヘッドボイス・ファルセット・ホイッスルボイス・デスボイスを細かく解説しています。長いのでこちらのページから↓↓

歌が上手くなる方法!カラオケ上達のコツと練習方法,発声の基本をプロが解説!

おすすめ記事

カラオケで盛り上がる曲!定番の人気ランキング100選 カラオケで歌いやすい曲【男性】130選!音痴でも安心,全視聴可 カラオケで歌いやすい曲【女性】厳選120選!全視聴可 カラオケアプリ無料,練習用【厳選まとめ】採点,録音,キー変更の使い方 音楽を無料ダウンロードできる,おすすめアプリとサイト40選2019年版 おすすめ人気バンド,アーティスト,歌手ランキング2019年版|邦楽ブレイク間近! 人気ラブソング恋歌ランキング!おすすめ恋愛ソング名曲50選,視聴ok 泣ける曲,泣ける歌ランキング!涙の感動ソング邦楽,洋楽60選,視聴ok 定番おすすめ応援ソング,応援歌ランキング!2018年の人気曲まとめ 結婚式披露宴,余興で人気の曲,歌,BGM!ウェディングソング定番おすすめ 歌,カラオケ曲の高音の出し方とコツ!裏声とミックスボイス練習方法をプロが解説!